日本最大級のタレント・モデルの【仕事依頼・講師依頼サイト】クラウドキャスティング|CLOUDCASTING

日常組さんのプロフィール詳細(略歴)

男性四人組ゲーム実況グループYoutuber

ぺいんと
日常組のムードメーカー。漆黒の翼を持つ者である。編集担当。なお、テンパである。
妹がおり、初期は一緒に実況動画やラジオ動画をとっていた。
よく間違われるが名前はひらがなで「ぺいんと」であり、カタカナで「ペイント」ではない(ただし、「魔界の主役は我々だ!」にゲスト出演した際は「ペイント」表記であった)。
叫び声が大きいことが特徴であり、某青鬼とコラボした際にはその甲高い絶叫に編集でチンパンジーの画像を出されてしまうなどネタにされている。一方でさっきまで奇声をあげていたのが数秒後には冷静にツッコミをしていたりとテンションが読めない。
クロノアさんのネコ好きキャラに隠れてしまっているが、実は彼もネコが好きで実家で飼っている。しかしアレルギーのため、自宅ではロボット犬AIBOのウィルを飼っている。
Twitterのサブ垢はよくツイ消しする。
「一日(ついたち)」「二十日(はつか)」などの特殊な数字の読みが苦手。そのため脱獄シリーズでの看守からの日数報告は「〇にち」といった読みでしてもらっている。
日常新聞では物語小説風の非常に独特な綴り方で好評である。

黒猫のノア(クロノア)
超絶イケメン。猫が大好き。元字幕担当。日常組のリーダーにしてT&Kbrosの兄の方。
落ち着いた声で淡々とボケることが多い。
髪型は一気にイメチェンするタイプ。弟と妹がおり、たまにTwitterにて弟の料理の腕についてツイートしていることも。
趣味は音楽。マイクラ日常初期のOP曲「超絶マインクラフター」は彼が作曲を手掛けている。最近でもクラリネットなどを中心に楽器を演奏している。
実は人生で初めて見た実況動画はしにがみくんの動画。
「黒猫のノア」と呼ばれることはほとんどなく、「クロノア」と呼ばれる。実況初期はリスナーにまだ名前をはっきり覚えられてなく「クロノワ」と呼ばれることがあった。なお、青鬼ごっこで焦ったぺいんとから「クロワさん」や「クロワッサン」とも呼ばれたことがあった。
ゲームスキル、特にFPSにおいての実力はメンバーの中ではトップクラスで、十八番の武器は弓。成長の速さが通常の人間の3倍(twitter談)
よく1人で気まぐれにどこかへ行ってしまったりするため、実況中に気付けば行方不明なんてことも。
実はメンバーの中で1番年上であり、そのためか全員からさん付けで呼ばれている(最近はラフになりつつある)。日常組の絶対領域。
しにがみさんの企画や自作ゲーム「とらお」にて通称「黒幕のノア」が捏造され、それ以降影ですべての糸を引いている裏ボス扱いをされるようになる。なお、本人もわりとノリノリ。
日常新聞では最近気になった楽器やゲームの話題が多い。

しにがみ
頼れる後輩。メンバー最年少ながら活動歴はもっとも長い。声が高いため女性に度々間違われる。初期はかっこつけていたため低い声。元演劇部なためか多彩な声色を出すことができ、フリーゲームでのキャラクターの声分けにてその実力が確認できる。
アイドル活動をしている姉がいる。
以前はロリコンキャラを全面に出していたが、だんだんとビジネス疑惑が浮上し、個人チャンネルにてロリコン卒業宣言をしてからは話題に出ることはほぼなくなった。
身長は151cmらしい(インタビューサイト談)が、本人の実写動画から実際は150cmも無いのではという疑惑がある。
実はテンパであり、縮毛矯正をかけている。
一時期女装をしてゲームウィークなどのイベントに出演していたが、メイクはすべて姉にしてもらっていたため、一人暮らしを始めた2017年以降は頻度が激減している。
2021年、「死神」から「しにがみ」に改名した模様。理由は「死神」という名前が初見からすると不吉な印象が強かったため、せめて和らげようと平仮名に変更することになった。
もともと個人チャンネルではマイクラのアスレチックを作ってリスナーに遊んでもらう企画や、RPGツクールを用いたゲーム作成などを盛んに行っていたが、最近はマインクラフトのデータパックの作成ができるようになったことで大幅に企画の自由度があがり、直近のものでは「牛ダンジョン」や「マイクラバトロワ」を作り上げるなど、日常組の技術担当として大きな成果をあげている。
日常新聞ではほかのメンバーに成りすましたり時間軸が狂っていたりする。

トラゾー
Zから正式に加わったメンバー。クロノアさんと並び元字幕担当。なおメンバー入り前はスキンを作る裏方だったりダークぺいんとの中の人担当だったりした。T&Kbrosの弟の方。コミュ強。
元自衛隊員という過去の持ち主。メンバー内で唯一完全な顔出しをしている。自衛隊時代は坊主だったが一時期短髪であり、現在はまた坊主に戻している。
サイコパスな演技に定評がある。ひたすらにネタに全力。特に実写ではいかつい雰囲気に圧倒され初見から怖がられることも多いが、実際は明るく優しい元気な筋肉お兄さん。
"waiting"をワイチングと読んでしまったり、"too fast"をもっと早く!だと誤認してしまうなど英語が苦手であるのをたびたびネタにされる。
メンバー唯一の既婚者。お相手は個人チャンネル編集担当のイナリさん。かつては彼女持ちであることをぺいんとからやっかまれたり煽られたりしていた。もっとも、結婚の報告を聞いて誰よりも驚き、そして祝福してくれたのは他ならぬぺいんとだったとのこと。またイナリさんのTwitterでは、たまにトラゾーさんとのほっこりした日常がツイートされている。
2021から連載が開始された『日常ロック』では脚本を担当し、多忙を極めている。
脱獄シリーズでは看守役をつとめるほか、盗賊編以降はマップ作製もほぼ一人で行っている。
日常新聞では脱獄シリーズや日常ロックの進捗などが聞けることも。

日常組さんの出演実績

お問い合わせください。

日常組

タレント・著名人

  • キャスト名

    日常組

  • 生年月日

    --- ( --- 歳 )

  • 性別

    ---

  • 在住都道府県

    東京都

  • 出身都道府県

    ---

  • 職業

    ---

  • 身長

    --- cm

お気に入りに追加 お気に入りリストに追加登録します。

日本最大級のタレント・モデルの【仕事依頼・講師依頼サイト】クラウドキャスティング|CLOUDCASTING

日常組

タレント・著名人

  • キャスト名

    日常組

  • 生年月日

    --- ( --- 歳 )

  • 性別

    ---

  • 在住都道府県

    東京都

  • 出身都道府県

    ---

  • 職業

    ---

  • 身長

    --- cm

日常組さんのプロフィール詳細(略歴)

男性四人組ゲーム実況グループYoutuber

ぺいんと
日常組のムードメーカー。漆黒の翼を持つ者である。編集担当。なお、テンパである。
妹がおり、初期は一緒に実況動画やラジオ動画をとっていた。
よく間違われるが名前はひらがなで「ぺいんと」であり、カタカナで「ペイント」ではない(ただし、「魔界の主役は我々だ!」にゲスト出演した際は「ペイント」表記であった)。
叫び声が大きいことが特徴であり、某青鬼とコラボした際にはその甲高い絶叫に編集でチンパンジーの画像を出されてしまうなどネタにされている。一方でさっきまで奇声をあげていたのが数秒後には冷静にツッコミをしていたりとテンションが読めない。
クロノアさんのネコ好きキャラに隠れてしまっているが、実は彼もネコが好きで実家で飼っている。しかしアレルギーのため、自宅ではロボット犬AIBOのウィルを飼っている。
Twitterのサブ垢はよくツイ消しする。
「一日(ついたち)」「二十日(はつか)」などの特殊な数字の読みが苦手。そのため脱獄シリーズでの看守からの日数報告は「〇にち」といった読みでしてもらっている。
日常新聞では物語小説風の非常に独特な綴り方で好評である。

黒猫のノア(クロノア)
超絶イケメン。猫が大好き。元字幕担当。日常組のリーダーにしてT&Kbrosの兄の方。
落ち着いた声で淡々とボケることが多い。
髪型は一気にイメチェンするタイプ。弟と妹がおり、たまにTwitterにて弟の料理の腕についてツイートしていることも。
趣味は音楽。マイクラ日常初期のOP曲「超絶マインクラフター」は彼が作曲を手掛けている。最近でもクラリネットなどを中心に楽器を演奏している。
実は人生で初めて見た実況動画はしにがみくんの動画。
「黒猫のノア」と呼ばれることはほとんどなく、「クロノア」と呼ばれる。実況初期はリスナーにまだ名前をはっきり覚えられてなく「クロノワ」と呼ばれることがあった。なお、青鬼ごっこで焦ったぺいんとから「クロワさん」や「クロワッサン」とも呼ばれたことがあった。
ゲームスキル、特にFPSにおいての実力はメンバーの中ではトップクラスで、十八番の武器は弓。成長の速さが通常の人間の3倍(twitter談)
よく1人で気まぐれにどこかへ行ってしまったりするため、実況中に気付けば行方不明なんてことも。
実はメンバーの中で1番年上であり、そのためか全員からさん付けで呼ばれている(最近はラフになりつつある)。日常組の絶対領域。
しにがみさんの企画や自作ゲーム「とらお」にて通称「黒幕のノア」が捏造され、それ以降影ですべての糸を引いている裏ボス扱いをされるようになる。なお、本人もわりとノリノリ。
日常新聞では最近気になった楽器やゲームの話題が多い。

しにがみ
頼れる後輩。メンバー最年少ながら活動歴はもっとも長い。声が高いため女性に度々間違われる。初期はかっこつけていたため低い声。元演劇部なためか多彩な声色を出すことができ、フリーゲームでのキャラクターの声分けにてその実力が確認できる。
アイドル活動をしている姉がいる。
以前はロリコンキャラを全面に出していたが、だんだんとビジネス疑惑が浮上し、個人チャンネルにてロリコン卒業宣言をしてからは話題に出ることはほぼなくなった。
身長は151cmらしい(インタビューサイト談)が、本人の実写動画から実際は150cmも無いのではという疑惑がある。
実はテンパであり、縮毛矯正をかけている。
一時期女装をしてゲームウィークなどのイベントに出演していたが、メイクはすべて姉にしてもらっていたため、一人暮らしを始めた2017年以降は頻度が激減している。
2021年、「死神」から「しにがみ」に改名した模様。理由は「死神」という名前が初見からすると不吉な印象が強かったため、せめて和らげようと平仮名に変更することになった。
もともと個人チャンネルではマイクラのアスレチックを作ってリスナーに遊んでもらう企画や、RPGツクールを用いたゲーム作成などを盛んに行っていたが、最近はマインクラフトのデータパックの作成ができるようになったことで大幅に企画の自由度があがり、直近のものでは「牛ダンジョン」や「マイクラバトロワ」を作り上げるなど、日常組の技術担当として大きな成果をあげている。
日常新聞ではほかのメンバーに成りすましたり時間軸が狂っていたりする。

トラゾー
Zから正式に加わったメンバー。クロノアさんと並び元字幕担当。なおメンバー入り前はスキンを作る裏方だったりダークぺいんとの中の人担当だったりした。T&Kbrosの弟の方。コミュ強。
元自衛隊員という過去の持ち主。メンバー内で唯一完全な顔出しをしている。自衛隊時代は坊主だったが一時期短髪であり、現在はまた坊主に戻している。
サイコパスな演技に定評がある。ひたすらにネタに全力。特に実写ではいかつい雰囲気に圧倒され初見から怖がられることも多いが、実際は明るく優しい元気な筋肉お兄さん。
"waiting"をワイチングと読んでしまったり、"too fast"をもっと早く!だと誤認してしまうなど英語が苦手であるのをたびたびネタにされる。
メンバー唯一の既婚者。お相手は個人チャンネル編集担当のイナリさん。かつては彼女持ちであることをぺいんとからやっかまれたり煽られたりしていた。もっとも、結婚の報告を聞いて誰よりも驚き、そして祝福してくれたのは他ならぬぺいんとだったとのこと。またイナリさんのTwitterでは、たまにトラゾーさんとのほっこりした日常がツイートされている。
2021から連載が開始された『日常ロック』では脚本を担当し、多忙を極めている。
脱獄シリーズでは看守役をつとめるほか、盗賊編以降はマップ作製もほぼ一人で行っている。
日常新聞では脱獄シリーズや日常ロックの進捗などが聞けることも。

日常組さんの出演実績

お問い合わせください。